匿名劇壇フラッシュフィクション公演vol.2『OPEX』

匿名劇壇フラッシュフィクション公演vol.2『OPEX』

作・演出:福谷圭祐

 

OPEXとは、事業などを運営していくために継続して必要となる費用のこと。OPEXの反義語がCAPEXで、CAPEXは不動産や設備の価値を、維持または向上させるための設備投資に関する資本的支出のこととなる。

引用:マネー辞典 mーWords

【出演】
石畑達哉、佐々木誠、芝原里佳、東千紗都、杉原公輔、福谷圭祐、松原由希子、吉本藍子


【日時】

2016年
2月18日(木)19:30
2月19日(金)19:30
2月20日(土)11:00/15:00/19:00
2月21日(日)13:00/17:00
※受付・開場は開演時間の30分前

【会場】
カフェ+ギャラリーcan tutku
大阪市西成区松1-1-8

【料金】
前売2000円 当日2300円

【チケット取扱】
匿名劇壇
・WEB

【問い合わせ】
tokumeigekidan★yahoo.co.jp  ※★を@に変えてください。

【HPなど】
ホームページ

【あらすじ】
YAMIKOは仕事終わりに180円の切符を買って、京橋から弁天町に向かう。駅で280円のサンドイッチと、120円の缶コーヒーを買って電車に乗る。電車の中では割れたiPhone5sに980円のイヤホンを指して、Youtubeから無料でダウンロードしたお気に入りの音楽を聞く。198円のあぶらとり紙で顔を拭いて、電車を降りてコンビニに立ち寄る。98円のオリジナルブランドの水を買って、そのまま稽古場へ向かう。3時間で1800円の使用料金を支払って、部屋の鍵を開ける。そこで5000円程度の仲間たちと、3000円のチケット料金の演劇作品の稽古をして、10000円分くらいの満足感を得て、3枚で150円の安いタオルで汗を拭う。2000円で買ったくだらない劇団のTシャツに着替えて、298円均一の居酒屋へ向かう。色のついた泥水みたいなお酒を、身体に流し込んでいく。430円に値上がりした煙草に火をつけて、800円くらいの彼氏に内緒で900円くらいの男と駆け込んだホテルの100円もしなさそうなライターをテーブルに置く。5000円くらいの仲間たちと、熱く夢を語り合う。

「いつか、この劇団でシアターBRAVAを埋めたろうや」

そして2016年春、シアターBRAVAは閉館した。

YAMIKOはこの子供の頃の500円玉みたいな幸せを、大人になってコイントスしてみることにする。この作品は、そのコインがくるくると回る様を、走馬灯のように描いていくものである。

表が出ても裏が出ても、YAMIKOはもう、だめだった。

【スタッフ】
舞台監督・美術:ニシノトシヒロ
照明:南勇樹(BS-Ⅱ)
音響:近松祐貴(オリジナルテンポ)

【プロフィール】
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。現在の劇団員は9名。
作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。自分たちの身近にある出来事を、自分たちをモデルにしたキャラクターを登場させながら、自己言及的な台詞を吐かせつつ、客観的でスマートなエンターテイメント作品に仕立て上げる。ポストドラマ的な表現方法を取りながらも、非常に分かりやすい作品になっていることが特徴。疾走感のある演出で、共感のしやすい物語を、メタフィクション的な多重構造で描く。

匿名劇壇画像1

匿名劇壇画像2